株式会社ユーイーエス・ソフトウェア・アジア
サービス 会社概要 お問合せ
HOME JMatPro digimat FACSIMILE FEMAG
適用事例 TOP DIGIMAT-MX 均質化の概要 解析事例 稼働環境 DIGIMAT-AM DIGIMAT-VA DIGIMAT-RP DIGIMAT-CAE DIGIMAT-MAP DIGIMAT-FE DIGIMAT-MF
DIGIMAT‐AM

Digimat-AM(AM = Additive Manufacturing)はプラスチックの各種積層造形に適した新規AM用材料の開発・評価、各種積層プロセスのシミュレーションでの成形性評価、及び、プリント部品の強度構造解析と性能評価間を一貫して行える総合的なシミュレーションシステムです。

Digimat-AM(Additive Manufacturing)は、FFF(Fused Filament Fabrication)またはFDM(Fused Deposition Modeling)と呼ばれる熱溶解積層方式およびSLS(Selective Laser Sintering:選択的レーザー焼結方式)による造形プロセスに対応しています。また、Digimatを用いて、造形する際の経路に依存した異方性を考慮した変形・残留応力を計算することで、使用する材料やプロセス・製品形状の最適化を行うことが可能です。

Digimat-AMによって、材料試験の大幅な削減や各種造形法が材料特性に与えるパラメーターの理解、さらに、軽量化格子構造のような新しい材料システムの容易な創出など革新的な設計開発が可能となります。



Digimat-AMによるプロセスシミュレーションのワークフロー
※画像をクリックすると拡大表示します。
 
AM全体プロセスをカバーするDigimatのモジュール構成
※画像をクリックすると拡大表示します。
 

Digimat-MF/FEの機能を活用した積層造形に必要な新規材料開発支援
※画像をクリックすると拡大表示します。


SLS用の材料に関する技術 (Digimat-MF)
※画像をクリックすると拡大表示します。


FDM用の材料に関する技術 (Digimat-MF)
※画像をクリックすると拡大表示します。


Digimat-AMシミュレーション(プロセスの結果からの反り、残留応力の予測シミュレーション例)
※画像をクリックすると拡大表示します。


Digimat-RPを用いたAM部品の部品評価(損傷)例
※画像をクリックすると拡大表示します。