株式会社ユーイーエス・ソフトウェア・アジア
サービス 会社概要 お問合せ
HOME JMatPro digimat FACSIMILE FEMAG
適用事例 TOP DIGIMAT-MX 均質化の概要 解析事例 稼働環境 DIGIMAT-AM DIGIMAT-VA DIGIMAT-RP DIGIMAT-CAE DIGIMAT-MAP DIGIMAT-FE DIGIMAT-MF
DIGIMAT‐CAE

DIGIMAT‐CAEは、各種射出成形解析ソフトからの出力をDIGIMAT‐MAP(樹脂流動メッシュから製品解析用有限要素メッシュへのデータマッピングソフト)を通じて変換するインターフェースと、DIGIMAT‐MF(複合材を構成する線形・非線形材料部材をミクロフェーズで複合・均質化するソフト)を各種有限要素法ソフトと完全に連成して、複合材のミクロ‐マクロフェーズ間の材料挙動をマルチスケールで解析するためのインターフェースを作成します。
また、弱連成の異方性熱弾性解析を行うための異方性弾性マトリックス、熱膨張マトリックスの生成が可能です。

・インポートデータ ‐配向テンソル
‐残留応力
‐残留温度
-ウエルドライン
-ポロシティー
-繊維長
-含有率
・インターフェースを持つ
  有限要素法構造ソフト
‐Abaqus/CAE,Explicit,Standard
‐ANSYS Mechanical
・Marc
‐LS-DYNA
・MSC Nastran
‐PAM-CRASH
‐RADIOSS
‐SAMCEF

 

※画像をクリックすると拡大表示します。
  DIGIMATとFEMソフトとの関連図
[1]新規複合材の探索
[2]ユニット(RVE)単位での形状を詳細に
   モデル化したミクロ構造解析
[3]マルチスケールの連成解析



各DIGIMATモジュールの全体構成
(流動解析から製品解析への流れとDIGIMATモジュールとの連携)
※画像をクリックすると拡大表示します。


Digimat-CAEを用いたマルチスケール解析事例
(株)ユーイーエス・ソフトウェア・アジア実施
※画像をクリックすると拡大表示します。