株式会社ユーイーエス・ソフトウェア・アジア
サービス 会社概要 お問合せ
HOME JMatPro digimat FACSIMILE FEMAG
JMatPro
TOP 計算内容 入力画面 計算結果事例 計算機能一覧 関連論文 資料ダウンロード デモ版ダウンロード

計算機能一覧


JMatPro V9.0 Al

Mg










合 金
Ni

NiFe

Ni


Co

Ti

Zr







平衡状態図
組成変化平衡状態図
組成変化平衡状態図
準平衡状態図                        
平衡状態等値曲線図







(注1)
標準物理物性値 (注2)  
積層欠陥エネルギー              
γ/γ' ミスマッチ                      
透磁率                        





(注3)
標準物理物性値 (注2)                        
冷却曲線  
冷却速度考慮        
室温凝固強度/硬度                      
凝固強度                        
2次デンドライトアーム間隔                        
均質化熱処理          





ジョミニー硬度                        
室温強度 / 硬度              
高温強度        
強度/硬度変換        
クリープ率/破断寿命        
応力ひずみ曲線        
温度、歪速度依存流動応力 (注3)        
疲労強度推定        
焼戻し硬度              
T5/T6熱処理強度                        


TTT/CCT 曲線      
アドバンスドCCT曲線                        
焼入れ物性値 (注2)                        
溶接物性値 (注2)                        
マルテンサイト変態                      
エネルギー変化            
カーバイトの析出                        
再オーステナイト化粒径、物性値 (注2)                        
TTA曲線                        
M(C,N)のTTP曲線                        
変態塑性係数                        
熱間圧延の結晶粒径と再結晶                        
焼戻し強度、熱物性値 (注2)                        
等温変態          
γ'/γ"粗大化                    
熱処理による室温強度                      
冷却速度依存相変化                    
冷却速度依存物性値 (注2B)                        

|


凝固解析
鍛造解析          
熱処理解析                        
溶接解析                        


浸炭                      

凝固解析ソフトインターフェース ProCAST, MAGMA, JSCAST, AnyCasting, THERCAST, Flow3D, ADSTEFAN, Novacast
熱処理解析ソフトインターフェース FAINAS/TPS, Simufact.premap, DEFORM-HT, FORGE, SYSWELD
鍛造解析ソフトインターフェース FORGE, Simfact.forming, DEFORM
溶接解析ソフトインターフェース SYSWELD
応力解析ソフトインターフェース ANSYS

注1

平衡状態相分率からの計算と熱処理温度以降の相分率が変化しない状態での計算をしています

注2

凝固率@、液相率、密度@、モル体積@、体積変化、線膨張率、熱伝導率@、電気抵抗率@、電気伝導率@、ヤング係数@、体積弾性率@
せん断弾性係数@、ポアソン比@、液体粘性、トータル粘性、液体拡散率、トータル拡散率、表面張力、エンタルピー、比熱、潜熱
一般鋼
相分率、密度@、モル体積@、線膨張、線膨張率、熱伝導率@、電気抵抗率@、電気伝導率@、ヤング係数@、体積弾性率@
せん断弾性係数@、ポアソン比@、液体粘性AB、トータル粘性AB、降伏応力@B、引張り応力B、硬度B、エンタルピー@
比熱@、潜熱AB
@ 相毎にも出力可、A熱処理物性では非表示、B冷却速度依存物性値では、非表示

注3

一般鋼に付いては、相毎にも計算できます