株式会社ユーイーエス・ソフトウェア・アジア
サービス 会社概要 お問合せ
HOME JMatPro digimat FACSIMILE FEMAG
JMatPro
TOP 計算内容 入力画面 計算結果事例 計算機能一覧 関連論文 資料ダウンロード デモ版ダウンロード

計算内容

JMatProの主な計算内容
   計算内容は、合金ごとに違っています。詳細は、機能一覧を参照ください。

平衡状態図、準安定状態図計算 (Thermodynamic Properties)

 平衡状態図、温度指定状態図、成分範囲指定状態図、準安定状態図(アルミニウム)、等値線平衡状態

凝固による物性値計算Solidification calculations

  • 凝固計算は、修正Scheil-Gulliverモデルで行われ、逆拡散、冷却速度も考慮できます。
  • 凝固による下記熱力学的、物理的物性値が計算されます。一部の物性値は、相毎の物性も計算されます。
    固相率、液相率、密度、モル体積、体積変化率、熱膨張係数、熱伝導率、電気抵抗、電気伝率、
    ヤング係数、体積弾性係数、せん断係数、表面張力、ポアソン比、液体の粘性、液体の拡散係数、エンタルピー、比熱、潜熱、γ/γ´ミスマッチ 等
    計算結果例 アルミ、一般鋼
  • 冷却曲線
    ※注
  • 鋼については、降伏応力、引張り応力、硬度が計算される代わり、一部のものが削除されています。
  • アルミ合金は、室温強度と樹枝状晶枝間隔(DAS2)の計算ができます。
  • アルミ、ニッケル合金については、均質化処理の計算できます

熱力学的、物理的物性値計算(Thermo-physical and physical properties)

  • ある温度まで昇温して、冷却した場合の物性値を計算します。一部の物性値は、相毎のものも計算されます。(凝固計算は、修正Scheil-Gulliverモデルで計算されます)
  • 平衡状態で計算された相分率を使用しての物性値の計算をします。

    相分率、凝固率/液相率、密度、モル体積、体積変化率、熱膨張係数/線膨張係数、熱伝導率、 電気抵抗率、電気伝導率、ヤング係数、体積弾性係数、せん断係数、ポアソン比、表面張力、 液体の粘性/拡散率、エンタルピー、比熱、γ/γ´ミスマッチ 等

機械的物性値  Mechanical properties

  • 高温強度(アルミニウム、鋼、ステンレス、ニッケル、チタン、コバルト)
  • 応力−歪曲線(アルミニウム、鋼、ステンレス、ニッケル、チタン)
  • 温度、歪速度依存流動応力(アルミニウム、鋼、ステンレス、ニッケル、チタン)
  • クリープ(ステンレス、ニッケル、チタン、コバルト)
  • Jominy曲線、疲労強度予測、焼き戻し強度(鋼)
  • 疲労強度予測(鋼、ステンレス、ニッケル、チタン)
  • 耐力、引張応力および硬度の変換ユーティリィティ

相変態 (Phase transformation)

  • TTT/ CCT 曲線、Advanced TTT/CCT(鋼)
  • アルミ、ニッケル、コバルト、チタン合金の時効
  • ニッケル合金γ/γ´の粗大化
  • 鋼のカーバイト析出
  • 鋼、ステンレスのマルテンサイト変態/変形

浸炭

解析ソフトへの物性値出力インターフェース

  • 鋳造  :ProCAST, MAGMA, JSCAST, ADSTEFAN, AnyCasting, Flow3D, THERCAST, Novacast
  • 鍛造  :FORGE, Simfact.forming, DEFORM, QForm
  • 熱処理 :FAINAS/TPS, SYSWELD, FORGE, Simufact.premap, DEFORM-HT
  • 溶接  :SYSWELD
  • 応力解析:Ansys

※各ソフトへの出力データは、各ソフトとの開発元あるいは販売元と協議の上決定されていますので、出力データ以外のものが必要な場合、各ソフトの開発元にご相談ください。
※記載の商品名は登録商標です